バイバイバイキン

除菌に関する情報が満載!

温度を高くして除菌する

人間に害を及ぼすウィルスは高温に弱いものが多いので、温度を上げることで除菌が可能になります。
具体的には100℃程度の熱湯をかけることで、除菌は簡単に終わります。
しかしウィルスの中には高い温度に強いものもいるので、注意が必要です。
例えばカビの胞子は100℃のお湯をかけても生き残ることがあります。
こういったカビの除菌をする場合は、100℃程度の熱湯を繰り返しかけることが必要になります。
繰り返しかけると、生き残ったカビの胞子が殺されて、完全な除菌になります。
人間の生活の中で除菌が一番必要な場所は台所です。
特にまな板は菌が増えやすいところなので、まめに殺菌する必要があります。
肉や刺身といったなま物をまな板の上で切った時は、熱湯をかけて消毒しましょう。
温度が高くなる夏は台所の菌が増えやすいときです。
まな板や箸入れといったものに菌が増えると、食中毒を起こしてしまう可能性があります。
きれいに洗うだけではなくて、ウィスルスの殺菌に努めましょう。

食中毒菌の除菌・必要な加熱温度

食中毒の原因菌は様々ですが、主なものにサルモネラ菌やO157などの腸管出血性大腸菌、カンピロバクターなどがあります。
これらは全て動物由来のものです。
健康な状態の鶏や牛に生息していて、市販されているパックの生肉も付着しています。
肉が新鮮であるかどうかには関わりありません。
そこで家庭で生肉を調理する際には、当然食中毒菌が付着しているものとして取り扱いに気をつける必要があります。
菌は、冷蔵庫の温度くらいで増殖が遅くなり、冷凍庫の温度では活動を停止します。
ですが、死滅したわけではないので、解凍して室温に放置すると再び増殖を始めます。
薬剤による除菌はほとんどの食中毒菌に有効なので、調理器具や手指の除菌を心がけることが大切です。
生肉を取り扱ったまな板や包丁でサラダ用の生野菜を切るようなことは避けます。
また、薬剤除菌よりも確かな方法は加熱調理による殺菌です。
75℃以上で1分以上加熱すると菌は死滅します(ノロウイルスは85℃以上で1分半以上)。
加工肉は菌が中にまで混ざり込んでいる可能性があるので、中心部にまできちんと火を通すように気をつけましょう。

Favorite

外壁塗装 墨田区

Last update:2018/3/30

Copyright © 2015 バイバイバイキン All Rights Reserved.